海外進出に向けて計画を立てるSNSとSEO対策って何をすればいいんだろう?

2020年の東京オリンピックに向けて海外の観光客や企業を相手にビジネスする国内企業が増えると予想されている。

そして長期的に海外からの顧客を得るためにはソーシャルメディア(SNS)での見込み客を獲得する必要性も高まることは間違いなく、アメリカ合衆国のユーチューバーで有名の起業家タイ・ロペスのマーケティングを見ればネット集客で大事な要素をたくさん学ぶことができる。

私自身も、インスタグラムマーケティングはもちろんのこと、統一性のある写真を投稿することでユーザーから共感さえれてたくさんのフォローワーやいいねを獲得することができる。

また最速にフォロワーを伸ばしたければShatOutと言って、既に莫大なフォロワーを持つインスタグラムユーザーにあなたのアカウントを紹介して貰うことでいいねからフォロワーが増える方法もインスタグラムで成功する秘訣の一つだ。

SNSで絶対的にマスターしたいのがフェイスブックからの集客だろう。

フェイスブックは、世界で第二のウェブサイトであって一ヶ月に平均7時間を費やして世界各国のユーザーと友達になって交流を深めている。

今では、12億人以上がフェイスブックアカウントを所有し、人口の7人に一人がフェイスブックを利用している。

このアドバンテージを使ってビジネスをしない理由が他にないのは明らかで、フェイスブック広告や商業目的に利用できるフェイスブックページを作ってファンを増やしながら見込み客との交流を深めながら収益に繋がるプラットフォームとして活用出来る。

そこで今回は海外からたくさんの見込み客を得るには、ソーシャルメディア以外の媒体から実現できるグーグルの検索エンジンについて説明していこう。

驚くかもしれないが、グーグルはフェイスブックよりも利用者が多く世界で一番の会社として去年に認定された。それに続く企業がスティーブジョブスアップルだが、この二つに大きく関連することはモバイルの端末で気軽にグーグルの検索エンジンを使って情報を検索できることだ。

つまり、グーグルやヤフーのサイトから検索するキーワードから莫大な集客することができるマーケティング戦略が実在する。

それが、SEO対策とIT業界の中では言われている。

SEOって何?と疑問を持つ方が多いかもしれないが、SEOとは(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジン最適化として日本語では意味をさす。

上記で説明した通り、検索ユーザーが調べるキーワードに対して、検索ページの上位にウェブサイトを表示させることで集客ができるマーケティングとなっている。

ここで問題が発生する。

それは、今日のテーマである国内の企業が海外相手にどのようにして集客するかってことだ!

つまり、言語は英語を使いながらウェブサイトを構築しなければならないし、もちろんソーシャルメディアでの投稿からSEO対策の作業を全て英語で行わなければいけないのだ。

日本でもSEO業者やマーケティング企業はあるが、マーケティングの発祥の地であるアメリカで通用するスキルを持たなければ、国内に外国人の見込み客を集めることは非常に難しくなる。

なので、最近のIT企業に関する求人サイトでも英語が喋れて尚且つTOEIC750点以上の資格がある応募者は今後に平均以上に給料を得ることが言える。

なので、変な企業で仕事するよりは得意分野を英語で極めることにフォーカスして経験と知識を身につけることをお勧めしたい。

そして、英語ができる誰もがこのような進路に向けて競争率が激しくなってくるため、その中でも群を抜いてトップに立つにはその業界のベストからスキルを学ぶことだ。

それが、英語で通用するSEO対策とソーシャルメディアマーケティングでの成功する近道となり、多くの企業に貢献できることだと私は信じている。

今日の話はある意味凄く将来に向けて大事な内容になったのではないかと思うし、私自身も今日のコンテンツには非常に満足している。

それでは、この辺でお別れにしょうと思うが、この記事で共感できた読者の方がおられれば是非とも周りの友人から家族にお話して貰えればこれ以上に嬉しいことはないです。

以上になります。

SEO関連の仕事をしてみたい

今回のブログでは、たくさんの読者の方から質問を受けましたのでそのトピックについて今日はブログを書きたいと思います。

日本ではIT業界はとても人気のある分野で、凄まじい勢いでアメリカに負けないぐらい成長していると言われています。確かにアメブロからスマホでチャットができるラインまでたくさんのユーザーが利用%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%96%e3%83%ad%e3%81%8c%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%b8%80%e3%81%ae%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%a0していて、日常に必要不可欠なツールになっています。

また、20代から60十代と幅広くの年代からインターネットでたくさんのネットユーザーにリーチができる可能性を活かしてアフィリエイターとして億を稼ぐ方が日本でたくさん存在するようになりました。

これは、2012年にブレイクした与沢翼を中心にネットで稼ぎたい若者をターゲットに多くのアフィリエイターを育て上げたと言っても過言ではないでしょう。

今日ここでお話しするトピックはアフィリエイトではなく、グーグルやヤフーの検索エンジンから莫大なトラフィックを生み出すことのできるマーケティング、SEO対策について説明していきます。

私のブログはあくまでも仕事を探したい方の為のブログで今回はSEOについて仕事がしたい読者の方が多くおられましたので、その情報に関してお話ししていきます。

SEO業者でも最も競争率が高い都市はやはり、

1−東京

2−横浜

3−大阪

の最大の都市になってきます。

グーグルでもこの三つの都市とSEOを複合して検索するとたくさんのSEO業者がズラリと検索ページに表示されます。その中で1ページ目に出でくるSEO業者はやはり、専門とするSEO対策でサイトをランキングさしてたくさんの顧客を得ていると予測できます。

そして、東京の隣の県である神奈川県横浜市の方から非常に印象のあるメールを頂き、どうしたら横浜のSEO会社に就職できるかの相談を受けました。

確かに、横浜はたくさんの観光地があり魅力的な大都市でもあります。その場所でビジネスをしてお金を稼ぎたい経営者は必ずいます。このようなビジネス経営者の立場に立って考えると絶対と言っていいほど、集客が必要になってきます。

例え、横浜市でも立地条件が良くなければお客様は来客されることなく高い家賃から人件費などを水が流れるように毎月支払わなければなりません。なので、マーケティングを必要としている経営者はネットでIT業者やコンサルタントに依頼してアドバイスを貰うのです。

そして、SEO対策は他のマーケティング手法でも最も効果的で費用対効果が良い戦略になるとも言えます。また世界最大の検索エンジンのグーグルで上位にランキングするとヤフージャパンでも自然にトップページに表示されるのでSEO対策で成功すると一石二鳥にネットからアクセスを集めることができます。
またそこから得た顧客は、お店に来客するので、ここからどのようにして顧客の囲い込みから顧客の増加を可能とするかが最大のポイントになってきます。そして、これを解決できるSEO業者がガッテン検索エンジン業者であり、wi-fiマーケテイングで顧客を獲得する日本で唯一のマーケティングエキスパートで知られています。

顧客がお店のフリーWi-fiを利用することでメールアドレスの所得からソーシャルメディアのフェイスブックページのいいね!からツイッターのフォロワーを増やすことができるそうです。

これらをマスターしたSEO業者、ガッテン検索エンジン業者で仕事がしてみたい方は一度お問い合わせしてみてください。

SEOで実績を積みたい方、または将来は自分で会社を立ち上げていこうと考えている方は、アドバイスをあげるとしたらSEOを死に物狂いでマスターする気持ちで挑むことです!

SEOは一番複雑なマーケティングで完璧に理解している業者はほとんどありません。なので学ぶ際には誰から学ぶことが一番大事になってきますね。私が推薦するなら上記で紹介した会社ガッテン検索エンジン業者がSEOに関しては日本で一番といえるでしょう。